特長と仕組み 全館空調PARADIAの特長

  1. HOME
  2. 特長と仕組み
  3. 全館空調PARADIAの特長
  • Comfortable
  • Clean
  • Stylish

Comfortable

24時間、365日。家じゅうが快適温度。

室温分布図

全館空調PARADIAは吹出口から出る空気が家じゅうを循環し、リビングやダイニング、寝室、キッチンはもちろん、
玄関や廊下、洗面所まで建物全体を冷暖房! 家のすみずみまで“ちょうどいい”温度を実現します。

全館空調パラディアと一般的ルームエアコンの室温分布図の比較 パラディアなら居室以外の通常なら空調のきかない場所も温度差の少ない状態を保ちます。 パラディアなら、頭のてっぺんからつまさきまで温度差が少なく快適です。 パラディアなら、頭のてっぺんからつまさきまで温度差が少なく快適です。 温度カラースケール(℃)
全館空調パラディアと一般的ルームエアコンの室温分布図の比較 パラディアなら居室以外の通常なら空調のきかない場所も温度差の少ない状態を保ちます。パラディアなら、頭のてっぺんからつまさきまで温度差が少なく快適です。

●建物/施工面積:1階73.28㎥、2階69.97㎥、延床面積:1階69.97㎥、2階62.52㎥(吹抜面積7.45㎡)、2×4工法、断熱性能はQ値:1.98相当 ●暖房運転を想定し、外気温度を0℃、全館空調、ルームエアコンともに0時~6時:18℃、その他:22℃設定、24時間経過したときの計算例。このため、品質を保証するものではない。●機器の能力は、全館空調は小屋裏タイプ4馬力相当(暖房定格能力:11.2kW)で、ルームエアコンについては1階に3台と2階に3台の5馬力相当(暖房定格能力:2.2kW(6畳用)×6台:13.2kW)とした。 ●ルームアコンについては実際の生活で想定されるON・OFFを行った。 ●本シミュレーションでは、㈱アドバンスドナレッジ研究所のFlowDesignerを使用。 ●排気は局所ファン運転状態でのシミュレーション結果。

Clean&Healthy

目に見えない花粉やホコリをしっかり除去。

全館空調PARADIAのフィルター

全館空調PARADIAはキレイな空気を常に供給するために、屋外に浮遊している花粉やホコリなどを強力に除去する
フィルターを搭載。オプション仕様ならPM2.5にも対応しています。※1

全館空調パラディアのフィルターイメージ図
オプション仕様(PM2.5対応)オプション
プレとメインの2層式のフィルターが、その静電気力によりダスト粒子を引き寄せることで、1.0〜2.5μmの粒子を約90%以上※2キャッチします。
全館空調パラディアのフィルターイメージ図

※1. ※2. 上記数値は、フィルターの性能試験(計数法)に基づく性能であり、実機の性能とは異なります。/このフィルターで0.3μm未満の微小粒子状物質については、除去の確認ができていません。また、空気中の有害物質のすべてを除去できるものではありません。/PM2.5とは2.5μm以下の微小粒子状物質の総称です。※3. ※4. インターネット上の文書・資料 環境省ホームページ、
http://www.env.go.jp/air/osen/pm/info.html#ABOUT

プラズマクラスターイオンで浮遊菌※5などを抑える

プラズマクラスターイオン発生ユニット

自然界にあるのと同じ+と-のイオンが、吹出口に装着した発生機から家じゅうに拡散することで、空気を浄化。浮遊菌※5や浮遊ウイルス※6の作用を抑制したり、浮遊カビ菌※7を除菌したり、ダニのふん・死がい等の浮遊アレル物質※8の増加を抑える効果を得ることもできます。さらに、静電気※9の発生を抑え、花粉の衣類やカーテンへの付着も防ぎます。

  • ❶浮遊ウイルスの作用を抑制※6
  • ❷浮遊カビ菌を分解・除去※7
  • ❸浮遊アレル物質増加の抑制※8
  • ❹静電気の発生を抑制※9

●すべての試験結果は、実空間での同様の結果を保証するものではありません。●約6〜10畳相当の試験空間におけるプラズマクラスターイオン発生機器を用いた実証結果です。イオン濃度が同等であれば同様の効果が得られると考えられます。 ● プラズマクラスターの効果は、使用場所の状況(温度・湿度、広さ、形状、エアコン・換気などの使用の有無、商品の設置場所など)や商品特性、使いかた(イオンの吹き出し方向・運転モード・運転時間など)、個人によって異なります。 ※総運転時間約19,000時間(791日)でユニットの交換が必要となります。(有償)

  1. ※5. <浮遊菌>●試験機関:米国ハーバード大学公衆衛生大学院 名誉教授メルピン・ファースト博士 ●試験方法:約40㎤(約10畳相当)の試験空間、ある1種の菌を浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出し、その後、試験空間内の菌を回収し、空気中の菌除去率を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:4,700個/㎤)■試験結果:約38分で99%抑制。
  2. ※6<浮遊ウイルス>●試験機関:ベトナム ホーチミン市 パスツール研究所●試験方法:約25㎤(約6畳相当)の試験空間内にウイルスを浮遊させ、プラズマクラスターイオンを放出。その後、試験空間内のウイルスを回収し、空気中のウイルス除去率を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:7,000個/㎤)●試験対象:浮遊した1種類のウイルス。■試験結果:約83分で99%抑制。
  3. ※7<浮遊カビ菌>●試験機関:(財)石川県予防医学協会●試験方法:約31㎥(約8畳相当)の試験空間にプラズマクラスターイオンを放出し、浮遊カビ菌をエアーサンプラーにて測定。(プラズマクラスターイオン濃度:3,000個/㎤)■試験結果:約195分で除去率99%。
  4. ※8<浮遊アレル物質>●試験機関:広島大学大学院 先端物質科学研究科 ●試験方法:掃除しない実際の居住空間(約8畳相当)での浮遊ダニのアレル物質の作用をELISA法で測定。その増加率を算出。(プラズマクラスターイオン濃度:3,000個/㎤) ■試験結果:4週間後にダニのアレル物質の増加を抑制することを確認。(プラズマクラスターイオン発生機器を用いた実証結果です。)
  5. ※9<静電気>●試験機関:シャープ(株)調べ●試験方法:約41㎥(約10畳相当)の試験空間にて、JIS TR C 0027-1を参考にして5kVに帯電させた金属製検知板にプラズマクラスターイオンを照射し、0.5kVまで除電するのに要する時間を測定。(プラズマクラスターイオン濃度:7,000個/㎤)■試験結果:約10分で初期電位5kVが0.5kVまで減衰。

Stylish

デザイン、間取り自由自在

大空間や吹抜けなど開放的で
自由な空間デザインが叶う。

全館空調PARADIAなら、どんな間取りでも家じゅうの温度差が少なく快適です。

家じゅうを
すみずみまで生活空間へ。

全館空調PARADIAなら、夏冬の廊下や階段など、通常は空調を入れない場所も快適です。

インテリアの邪魔をしない。

全館空調PARADIAなら室内に露出するのは吹出口だけなので、部屋全体のイメージをこわさず、こだわりの空間が実現できます。ルームエアコンは、美しいインテリアを求める方にとっての悩みの種を解消します。

ルームエアコンがなく
全館空調PARADIAなら
すっきり!

全館空調PARADIA 吹出口
全館空調PARADIAの家
ルームエアコンの家

エクステリアもすっきり。

全館空調PARADIAの室外機は2台です※1。一般的なルームエアコンの場合は、5〜6台必要になります。大きさも一般的なルームエアコンの室外機と同じくらいで、見た目の圧迫感もなく、敷地を有効に活用できます。

※1. 1システムの場合/2.5馬力は除く。

全館空調PARADIA 室外機
全館空調PARADIAの家
室外機はたった2台※1
室外機が少なくて
PARADIAならすっきり!
ルームエアコンの家
各部屋ごとに
室外機が必要!